外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

エンベロープ逆張りEA(インディケーター編2″パラメーター”)

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

前回の記事では「エンベロープ逆張りEA(daedalus-k)」に使用する3つのインディケーター(移動平均線、エンベロープ、ストキャスティクス)についてご説明しました。この3つのインディケーターを使用する意味、それぞれの役割に関しては次回以降お話していきたいと思います。

インディケーターはパラメーターの設定変更が可能です。

まずはデフォルトのパラメーター数値確認方法の簡単な流れを下記に記載します。

①チャート上にインディケーターを挿入→②チャートを右クリック→③「表示中のインディケーター(L)」をクリック→④確認したいインディケーター名をクリック→⑤「パラメーター」タブから現在の設定値を確認することができます。

それでは、3つのインディケーターのパラメーターをお伝えしますが、この設定値はあくまでも「エンベロープ逆張りEA」の1例になります。

(1)移動平均線

期間:20 移動平均線の適用価格:Exponential 適用価格:Close

f:id:mochigumank:20181118193235p:plain

(2)エンベロープ

期間:20 移動平均線の適用価格:Exponential 適用価格:Close 偏差:0.1%

f:id:mochigumank:20181117220717p:plain

(3)ストキャスティクス

※ストキャスティクスは、「パラメーター」「レベル表示」の設定変更をします。

(i)パラメーター

%K期間:3 %D期間:2 スローイング:2 価格欄:Low/High

移動平均の種別:Exponential

f:id:mochigumank:20181118193619p:plain

(ii)レベル表示

下限:20% 上限:80%

f:id:mochigumank:20181117224357p:plain

以上でパラメーターの設定は完了です。

EURUSDの1分足で、それぞれのインディケーターを挿入したチャートは以下の様になります。

f:id:mochigumank:20181117223004p:plain

次回の記事では、これら3つのインディケーターをEAで使用する意味についてお話していきます。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする