EA自動売買取引の環境構築(EA導入編)

リンクユニット広告(上)




今回の記事ではMT4に備わっているシステム、EA(エキスパートアドバイザー)の導入方法の流れについてお話します。EA(自動売買)は使用方法を誤りさえしなければ、とても便利なツールです。自動売買のメリットについては過去記事でもお話ししましたので、EAを使用するかを迷っている方はご参考ください。

EA(エキスパートアドバイザー)導入方法

(1)MT4を起動して、「ファイル(F)」→「新規チャート(N)」をクリックし、適当な通貨(例:EURUSD)を選択します。

(2)EURUSDのチャートが表示されます。チャート表示後「自動売買」をクリックします。

(3)「ファイル」→「データフォルダを開く(D)」をクリックします。

(4)「MQL4」→「Experts」フォルダを開き、ダウンロードしたEA「daedalus-k.exe」を保存します。

(5)「表示(V)」→「ナビゲーター(N)」をクリックします。

(6)導入するEAを選択し、チャート上にドラッグアンドドロップをします。

(7)「全般」タブをクリックし、「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する」「外部エキスパートの使用を許可する」の3つの項目にチェックをつけます。

(8)チャート右上にEA名「daedalus-k」、にこちゃんマークが表示されればEAの導入は完了です。

自動売買を今までやったことがない人にとって自動売買を始めるには様々な準備が必要と思われるかもしれませんが、EAを自身で作成するのでなければ自動売買を始めるのは凄く簡単なことです。MT4、ネット環境、EAの3つがあれば、すぐに自動売買を始めることができます。大事なことはEA(自動売買)だけに頼るのではなく、EAのロジックなどを見極めた上で取引をすることです。是非導入を検討してみてください。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする