ヒストリカルデータ(デューカスコピー)取得方法(2)

リンクユニット広告(上)




前回の記事ではデューカスコピー・ジャパンの取引ツール「JForex」の導入の流れについてお伝えしました。今回の記事では、「JForex」を通してから高精度ヒストリカルデータを取得する流れをお伝えします。なお、本記事では「EURUSD」を例にヒストリカルデータを入手します。

(1)JForexを起動します。「表示」→「ヒストリカルデータ取得」をクリックします。

(2)ヒストリカルデータの取得年数を設定します。本記事では3年分「2015年12月10日~2018年12月10日」を取得してみます。[時間範囲]が「本日」となっているので、下にスクロールして「カスタム」をクリックします。

(3)[開始日時]と[終了日時]にそれぞれ入力し、「OK」をクリックします。

(4)[期間]が「1分」になっていることを確認し、[銘柄]「EUR/USD」にチェックをつけ、 [ビッド]にもチェックをつけたら、「設定」をクリックします。

(5)[形式]を「HST」に変更したら、「OK」をクリックします。

(6)「ダウンロード」をクリックすると、ヒストリカルデータのダウンロードが開始されます。

(7)ダウンロードが完了すると、(5)で指定したフォルダにHSTファイルが格納されます。これでForexからのヒストリカルデータの取得は完了です。

(8)MT4を起動し、「ツール(T)」→「ヒストリーセンター(H)」をクリックします。
(9)ヒストリカルデータを設定する対象の通貨「EURUSD」を選択し、「1分足(M1)」をダブルクリックします。(※この部分はfx業者によって画面が微妙に違う場合があります。対象通貨の1分足を見つけてください)
(10)既存のヒストリカルデータが表示されるので、全てのデータを選択(※一番上のデータをクリックし青色に反転させ、一番下のデータを「Shiftキー」を押しながらクリックすると全て選択できます)→「削除(D)」をクリックします。
(11)既存のデータが全て削除されたら、「インポート(I)」をクリックします。
(12)「参照」をクリックし、デューカス・コピーからダウンロードしたヒストリカルデータ「EURUSD_1 Min_Bid_2015.12.10_2018.12.10.hst」を選択します。
  データがセットされたら、「OK」をクリックします。
(13)ヒストリーセンター「EURUSD」1分足のレコードが変化しているのが確認できます。
以上でデューカス・コピーからのヒストリカルデータの取得及びMT4への設定は完了です。

※2019年4月より、デューカス・コピージャパンで遂にMT4対応のリアル口座開設が可能となりました。リアル口座の開設方法については、以下の記事でご紹介しています。

遂にデューカスコピー・ジャパンが2019年4月2日、MT4ライブ口座取引開始のお知らせを発表しました!! デューカスコピー・ジャパ...
2019年4月よりMT4のライブ口座が解禁された、デューカスコピー・ジャパン。前回の記事では口座開設申請~口座開設の流れまでをお伝えしました...

デューカスコピー・ジャパン 口座開設
デューカスコピー・ジャパン 口座開設
デューカスコピー・ジャパン 口座開設?|?fx-on.com

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする