4本移動平均線EA(トレードルール編1)

リンクユニット広告(上)




前回の記事では4本移動平均線EA<smlL>の簡単な概要についてご説明しました。

4本移動平均線EAはその名の通り4本の移動平均線のみを使用したシンプルな手法です。4本の移動平均線は、(1)短期移動平均線、(2)中期移動平均線、(3)長期移動平均線、(4)超長期移動平均線を使用しています。4本の移動平均線をチャートにセットすると下記図のようになります。

(黄色線:短期移動平均線、青色線:中期移動平均線、赤色線:長期移動平均線、紫色線:超長期移動平均線)

上記チャート図はEURUSDの5分足のチャートですが、大陰線により下降トレンドを形成し始めています。移動平均線は相場の状況が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを瞬時に判断する指標として役立ちます。

この時重要なことは、相場の大前提として価格はトレンドの方向にただ進むのではなく、必ず押し戻しをつけて進んでいくということです。相場は価格の押し戻しにより波がいくつも作られて形成されていきます。この押し戻しのポイントを的確に捉えることができるのが4本移動平均線EAの最大の特徴です。4本移動平均線EA<smlL>は相場の押し戻しの特徴を考慮し、次の3つのポイントでエントリーします。

(1)短期移動平均線(黄色線)

(2)中期移動平均線(青色線)

(3)長期移動平均線(赤色線)

下降トレンドの場合

移動平均線の並び順が上から、超長期移動平均線(紫)→長期移動平均線(赤)→中期移動平均線(青)→短期移動平均線(黄)になっている場合は下降トレンドと判断することができます。

下降トレンド時の実際にEAがエントリーするポイントを赤丸でチャートに表示しました。

2つの赤丸を確認することができます。2つの赤丸の状況は以下のとおりです。

赤丸①:価格が短期移動平均線に触れた時に売りでエントリー

赤丸②:価格が中期移動平均線に触れた時に売りでエントリー

エントリーの特徴としては、移動平均線の並び順から下降トレンドが形成されていると判断される場合には、価格が下落していく流れの中で、必ず戻りをつけて下落していきます。この戻りポイントを狙ってエントリーします。チャートを見てお分かりのとおり、短期移動平均線、中期移動平均線で価格が反応し、戻りをつけて下落しているのが分かります。この下落幅を利益に変えていきます。

上昇トレンドの場合

移動平均線の並び順が上から、短期移動平均線(黄)→中期移動平均線(青)→長期移動平均線(赤)→超長期移動平均線(紫)の場合は上昇トレンドと判断することができます。

3つの赤丸を確認することができます。3つの赤丸の状況は以下のとおりです。

赤丸①:価格が短期移動平均線(黄)に触れた時に買いでエントリー

赤丸②:価格が中期移動平均線(青)に触れた時に買いでエントリー

赤丸③:価格が長期移動平均線(赤)に触れた時に買いでエントリー

上昇トレンドも下降トレンド時と同様、押し目を狙ったエントリーとなります。価格が各移動平均線に触れて反応しているのが分かります。この上昇幅を利益に変えていきます。

今回の記事では各移動平均線において下降トレンドの時は売りエントリー、上昇トレンドの時は買いエントリーをすることをお伝えしました。

エントリーにおいて重要なことは、移動平均線に触れたからと言ってなんでもかんでもエントリーするわけでなく、ある3つの条件をクリアした時に各移動平均線でエントリーをするということです。3つのエントリー制御条件については次回の記事でご説明したいと思います。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする