外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

TRADERS-pro(トレーダーズプロ) 無料EAについて

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

エンベロープ逆張りEAはTRADERS-proにて無料で使用できます

EAを無料で使用するためには、下記TRADERS-proのサイトで会員登録を行い、利用手順を参考にEAをダウンロードしてください。
TRADERS-pro【トレプロ】

使用可能なEAについて

エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8

エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8【TRADERS-pro:トレプロ】

エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev4

エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev4【TRADERS-pro:トレプロ】

※TRADERS-proのエンベロープ逆張りEAにはエントリー時間帯制御機能はありません

使用できる口座には制限(国内口座は使用不可)があります。

(FXDD、XM、TradersTrust、Big Boss financial、MyfxMarkets、TitanFX、FxPro)で使用可能。

※エントリー時間帯制御機能付き、かつ国内口座使用可能なエンベロープ逆張りEA(高機能バージョンアップ版<ver1.1>)は株式会社Gogojungleにて販売しております。

エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8はエンベロープ8セットを使用した自由度の高いパラメータ設定により、様々な通貨、時間足に対応可能。

エンベロープ逆張りEA 概要について

エンベロープ逆張りEA<daedalus-k-lev8>は(i)エンベロープ8セット(ii)移動平均線(iii)ストキャスティクスの3つのインディケーターを利用した逆張りEAになります。本EAは価格の反発するポイントに狙いをつけて逆張りでエントリーします。
パラメータの設定次第では様々な通貨、時間足に対応することができるため、EAのパラメータをユーザー側で自由に変更し、複数のEAとして運用することが可能です。

トレードルール

本EAは価格の上下8本それぞれのエンベロープに価格がタッチした時に、逆張りでエントリーします。図1は上下8本のエンベロープ(期間:20,種別:Exponential,適用価格:Close)をセットした1分足EURJPYのチャート図です。偏差の低い順に、エンベロープに色付けをしています(偏差0.15%青、偏差0.2%赤、偏差0.25%緑、偏差0.3%ピンク、偏差0.4%紫、偏差0.5%オレンジ、偏差0.6%白、偏差0.7%茶)となっています。以下偏差の低い順にそれぞれのエンベロープを、レベル1ライン、レベル2ライン、レベル3ライン、レベル4ライン、レベル5ライン、レベル6ライン、レベル7ライン、レベル8ラインと呼びます。

図1

本EAの特徴として、ただ単に価格がエンベロープに触れた時にエントリーするのではなく、下記に記載した3つのエントリー条件クリア後にポジションを持ちます。

[エントリー条件1]

本EAはエントリーフィルターにストキャスティクスを使用します。ストキャスティクス下限、上限の指定した範囲内でしかエントリーをしないため、価格を引付けたエントリーが可能となり、価格の反転ポイントを的確に捉えることができます。

[エントリー条件2]

エントリー条件1のストキャスティクスフィルターだけでは、価格がエンベロープラインに沿って動き出した時にEAが連続エントリーする可能性があります。そこで連続エントリーを防ぐ為に、移動平均線を利用します。移動平均線と価格の関係性として、価格は移動平均線の上もしくは下に位置し、必ず移動平均線に戻ってくる性質があります。移動平均線にタッチした後、再度上下に移動する動作を繰り返します。この「価格が上下した後に必ず移動平均線に戻る」という性質を活かし、次の様なフィルター条件を設定します。「EAエントリー後、価格が移動平均線にタッチするまでは次のエントリーを見送る。価格が移動平均線にタッチしたら、エントリー可能な状態となる」
この条件を加えることによって、図2(移動平均線制御なし)ではエントリーしていたポイントを、図3(移動平均線制御あり)ではエントリーを見送っています。図3の価格が移動平均線にタッチする赤丸のポイントまではエントリーが制御されています。

図2

図3

[エントリー条件3]

条件1,2を満たした状態で、エンベロープにただ触れただけでは、エントリーしません。なぜなら、エンベロープに価格が触れた瞬間すぐにエントリーすると、価格がエンベロープラインを勢いよく突き抜けていく場合、損切に合ってしまうからです。
このようなリスクを無くすため、売り条件を例に、次の条件を設定します。
「価格がエンベロープラインに触れ、1pips以上突き抜けた後に反発し、もう一度エンベロープラインを上から下に突き抜けた時にエントリーする」(※買い条件はこの逆です)
この条件を加えることで、価格の反発の流れに沿う形になる為、勝率が上がります。さらに、エントリー予定のエンベロープラインを価格が指定幅以上超えていった場合に、エントリー制御がかかるよう設計してあります。

パラメータ設定

本EAはユーザー側で自由にパラメータ設定を変更できるよう設計してあります。具体的に変更できるパラメータを下記に示します。

(1)マジックナンバー、許容スプレッド、許容スリッページ、取引ロット数

上記4つのパラメータを自由に変更することができます。ロット数に関しては、各エンベロープレベルラインそれぞれで変更することができます。

(2)トレーリング開始pips、トレーリング幅pips、損切pips

それぞれ8つのエンベロープレベルライン毎に、「トレーリング開始pips」、「トレーリング幅pips」、「損切pips」を設定することができます。デフォルトの設定は表1のとおりです。

表1

(3)エンベロープ偏差%、期間

エンベロープは①エンベロープレベルライン1偏差%②エンベロープレベルライン2偏差%③エンベロープレベルライン3偏差%④エンベロープレベルライン4偏差%⑤エンベロープレベルライン5偏差%⑥エンベロープレベルライン6偏差%⑦エンベロープレベルライン7偏差%⑧エンベロープレベルライン8偏差%⑨エンベロープ期間 計9つのパラメータを自由に変更することができます。(※移動平均線の種別:Exponential、適用価格:Closeは変更できません)表2はデフォルトのエンベロープ偏差%の設定値です。表2の設定をチャートで表したのが図4になります。

表2

図4

(4)ストキャスティクス制御

[エントリー条件1]にあるように、daedalus-k-lev8はエントリー制御にストキャスティクスを使用しています。ストキャスティクスは①%K期間②%D期間③スローイング④下限%⑤上限%の3つのパラメータを自由に変更することができます。(※価格欄:Low/High、移動平均線の種別:Exponentialは変更できません)デフォルトの設定は表3のとおりです。ストキャスティクスをチャートにセットしたのが、図5になります。

表3

図5

TRADERS-pro【トレプロ】

外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle
リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする