外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

裁量トレードからシステムトレードへ

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

皆さんはfx歴何年目でしょうか?

この記事を読まれている方は、fxを始めたばかりの方もいれば専業トレーダーとして生計を立てられるほどベテランの方もいるかと思います。

私が初めてfxに興味を持った時、fxと聞くと何台ものモニターを前にして、いくつもの通貨を監視しながら取引をするイメージがありました。当時の私はお金もなかったので、複数のモニターを使用しての取引はできませんでした。1つのパソコンの画面いっぱいにチャートを表示させ、スマホも利用し、相場状況を確認しながらトレードをしていました。学生時代はお金がない代わりに、時間だけは沢山あったため、1日中チャートを監視し、自分なりに分析しトレードをしていました。

裁量トレード時代を経て、自動売買に興味を持つ

fx歴が長い人でもシステムトレード(自動売買)を利用したことのある人はそこまで多くないと思います。
私自身もfxを始めて数年間は裁量トレードをしていました。
トレード経験を積むと自分の中である程度トレードルールが決まってきます。
しかし、トレードルールに沿ったエントリータイミングを待っていても、相場は中々思った通りに動いてくれません。
自分のルール通りに取引するために、1日中チャートに張り付いてタイミングを待つこともあります。長時間チャートを監視した挙句、トイレやお風呂に行ってる間に相場が動きだし、エントリーチャンスを逃すなんてこともよくあります(fxあるある)。
学生時代であれば授業そっちのけで相場に向き合う時間はありましたが、社会人になってからは、日中は仕事をしている関係上、必然的にトレードする時間帯は限られてしまいました。 日中できないならば夜トレードするしかない為、深夜過ぎまでトレードをしていたことも多々ありました。自分の時間を削って深夜までトレードして翌日寝不足、それでも勝てれば良いですが、負けた時には本当に悲惨ですね….。
そんなこんなで、「どうせ取引ルールが決まっているなら、チャートを監視しないでもエントリータイミングになったら自動的に取引してくれないかな~」と常日頃考えていました。
そんな長年の悩みを一発で解決してくれたのが、システムトレード(自動売買)だったのです。

システムトレード(自動売買)とは

システムトレードとは、あらかじめ取引条件をプログラムすることにより、条件通りに自動で売買してくれるシステムのことです。fxで裁量取引をするときに、皆さんは闇雲にトレードするのではなく、何かしらのルールを決めてトレードをしているのではないでしょうか。

例えば相場を見た時に、「条件A、条件Bを満たした状態で、価格があるインディケーターに触れた瞬間にエントリーする」というルールの基取引をしている場合、条件A、Bを満たしているかをいちいち確認し、インディケーターに価格が触れる瞬間までチャートを見ていなくてはなりません。しかし、システムトレードはマイルールをプログラムで組むことができれば、決められたルール通りに自動で取引をしてくれるため、わざわざチャートに張り付いて条件を満たしているかどうか確認したりする必要がなくなります。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする