外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

エンベロープ逆張りEA(インディケーター編1)

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

前回の記事ではチャート上に、(1)移動平均線、(2)エンベロープ、(3)ストキャスティクスを表示させました。
この記事ではそれぞれのインディケーターについて簡単にご説明します。

(1)移動平均線

一定期間の価格の終値の平均を算出し、その値をつないだ線です。
移動平均線はトレンド系のテクニカル指標であり、一般的にトレンドを把握するために利用されます。

移動平均線は単純移動平均線(SMA)指数移動平均(EMA)平滑移動平均(SMMA)線形加重移動平均(LWMA)の4つの種類に分けることができます。

私の扱う全てのEAは指数移動平均線(EMA)を使用します。

(2)エンベロープ

移動平均線を一定の割合で上下に乖離させた線です。エンベロープは封筒の意味を表し、価格を上下から包み込む線になります。

エンベロープを使用することで、価格が移動平均線からどれくらい離れているかを視覚化することができます。移動平均線との乖離具合を見ることで売買の判断を行うことができます。

(3)ストキャスティクス

過去の高値、安値から現在の価格が買われすぎか、売られすぎを判断するオシレータ系の指標になります。ストキャスティクスには2本のラインがあり、0%~100%の間で表されます。ラインが70%以上になると「買われすぎ」とされ、30%以下になると「売られすぎ」と判断されます。

次回の記事では、この3つのインディケーターのパラメータの設定値についてお話ししたいと思います。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする