MT4バックテスト解析用無料ソフト Quant Analyzerの使い方

リンクユニット広告(上)




前回の記事では「Quant Analyzer」の導入方法についてご説明しました。

私が普段MT4でバックテストした結果を、詳細に分析したいときに良く使用するソフトに、「Quant Analyzer」があります。今回の記事で...

今回の記事では「Quant Analyzer」の使い方、分析(グラフ、ポートフォリオ分析等)のやり方についてご説明します。

Quant Analyzerの使い方について

それでは早速前回導入した「Quant Analyzer」を起動し、「Continue」をクリックします。

MT4バックテストデータの取り込み

バックテストを解析するためには、EAのバックテストデータ(htmファイル)を取り込む必要があります。

(1)トップ画面の「Load report」をクリックします。

(2)取り込みたいバックテストデータ(htmファイル)を選択し、「OK」をクリックすると、取り込みが開始されます。

(3)読み込むレポートの確認画面が表示されるので、「Continue」をクリックします。

(4)取り込んだバックテスト結果の概要画面が表示されます。

概要画面ではプロフィットファクタやドローダウンを確認することができます。

使い方について

それでは取り込んだバックテストデータを基に、「Quant Analyzer」を使って分析してみましょう。

Results in

画面上部の水色で囲った項目の中で主に使用するのは「Results in」です。「Results in」をクリックすると、「$」「Pips」「%」表示に切り替えることができます。

「$」表示

・「pips」表示

・「%」表示

次に緑の枠で囲った項目を見ていきましょう。

List of trades

「List of trades」をクリックすると、取引の売買履歴を確認することができます。各項目毎にソートしたり、データを抽出をすることができます。

Equity chart

「Equity chart」をクリックすると損益曲線を確認することができます。

縦軸は利益、横軸は取引回数になっています。横軸を期間に変更し、年毎に区切り線を入れることもできます。また、デフォルトではL(買い)+S(売り)の両方が含まれた曲線ですが、L(買い)のみ、S(売り)のみなどの表示に切り替えることもできます。

赤い枠をそれぞれクリックすると「L(買い)のみ」、「期間区切り」を入れることができます。

Trade Analysis

「Quant Analyzer」の一番重要な、「Trade Analysis」です。

損益を年、月、週、曜日、時間毎に細かくグラフで確認することができます。これだけの分析が無料でできるのは「Quant Analyzer」の強みです。

試しに「P/L by hour」を見ると、時間毎の損益がグラフが確認できます。

赤枠のプルダウンをクリックすると、年や月毎のグラフを選択することができます。項目は以下のような種類があるため、時間軸を変更したりして様々な角度から分析することができます。

ポートフォリオ分析について

「Quant Analyzer」はポートフォリオ分析も簡単に行うことができます。自動売買用EAを複数使用している場合、複数のEAを同時に稼働した時の損益を確認することができます。

(1)追加したいEAのバックテストデータを取り込み、赤枠の「▲」をクリックします。

(2)ポートフォリオ分析に使用するEAを確認することができます。ポートフォリオ分析をしたい組み合わせのEAにチェックをつけて、「Create Portfolio」をクリックします。

(3)赤枠の項目をダブルクリックすると、ポートフォリオ分析結果が表示されます。

今回は「Quant Analyzer」の使用方法についてご説明しました。「Quant Analyzer」は無料で使用できるにも関わらず、多機能で様々な分析をすることができます。EAの傾向や特徴を知ることもできますので、自動売買をされている方は是非ご使用してみてください。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする