フィボナッチリトレースメント自動描画EAについて

リンクユニット広告(上)




前回の記事ではフィボナッチと為替相場の関係性についてお話をしました。為替相場において、価格は常に一方向に進むのではなく、「押し」と「戻し」をつくりながら、波を形成していきます。この「押し」と「戻し」の反転ポイントをフィボナッチリトレースメントを利用することで見つけ出すことも可能です。

今回の記事では、過去の相場においてフィボナッチリトレースメントを使用した場合に、価格がフィボナッチ比率のラインでどのように反発しているかを確認した後、フィボナッチリトレースメントを自動で描画するEAについてご紹介していきたいと思います。

①フィボナッチリトレースメントの使い方

今回はMT4を使用して、フィボナッチリトレースメントをチャート上に描画させていきます。

(1)MT4上に任意の通貨ペアのチャートを表示させます。

(2)挿入(I)→フィボナッチ(F)→リトレースメント(R)をクリックします。

(3)チャートに表示されているローソク足の「最安値」から「最高値」に向けて、ドラッグ&ドロップをして、フィボナッチリトレースメントをチャートに表示させます。

図1

チャート上に図1フィボナッチリトレースメントを表示させることができました。フィボナッチライン上にフィボナッチ比率(①23.6%②38.2%③61.8%)も表示されていることが確認できます。

②フィボナッチライン上の反転ポイント

それではチャートに表示させたフィボナッチラインを観察してみましょう。図2赤丸で示した部分を見ると、フィボナッチライン(38.2%、61.8%)付近で価格が反発しているのが分かります。

図2

フィボナッチラインは多くの人が意識しているライン上なので、価格が反発したり、逆に大きくフィボナッチラインを突破するように価格が動きを出すこともあります。どこでエントリーしたら良いのか分からないという方は、フィボナッチラインを引くだけでも、相場の環境認識の向上に役立てることができます。

③フィボナッチリトレースメント自動描画EAについて

フィボナッチリトレースメントは、相場の環境認識を上げる為に役立てることができます。しかし、各通貨ペア毎や様々な時間足で毎回フィボナッチラインを引いていくのは時間もかかるし面倒です。また初心者の方はフィボナッチラインをどのように引いたら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

私自身めんどくさがりな性格の為、フィボナッチラインを自動で描画できれば、細かいラインの調整作業を無くし、時間を有効活用できると考え、以下のような自動でフィボナッチラインを描画するEAを作成しました。

ムービーにあるフィボナッチ自動描画EAは、パラメータ(bars)で指定したバー数内(デフォルトは100)での最高値、最安値を基準として自動でフィボナッチリトレースメントを描画します。

フィボナッチの起点が最小の時は、ラインが赤く表示され、起点が最大の時はラインが黄色く表示されるようになっています。

このフィボナッチ自動描画EAはどの通貨ペア、時間足にも対応できるため、瞬時にフィボナッチラインをチャートに表示させることができます。また、時間経過とともにパラメータで設定した範囲内での価格の最小値、最大値が変化していくのに合わせて、自動でフィボナッチラインの形状を変化させることができます。

本EAは自動売買機能を備えてはいませんが、裁量トレードをする際に役立てることができます。次回の記事では、フィボナッチ自動描画EAに売買機能を追加し、実際にトレードをさせた際の損益がどうなるかを確認していきたいと思います。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする