外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

4本移動平均線EA(概要編)

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

私が開発運用しているEAの1つに、4本の移動平均線を使用したEAがあります。

今回の記事では4本移動平均線EA<EA名:smlL>の概要についてご説明したいと思います。

移動平均線を使用したトレード手法は数多くあり、代表的なのが3本の移動平均線を使用した取引手法ではないでしょうか。ゴールデンクロス、デッドクロスなどは有名です。

私の開発したEA<smlL>は4本の移動平均線を使用します。具体的な取引手法については後述しますので、まずは使用する4本の移動平均線の中身についてお話します。

EAに使用する4本移動平均線

移動平均線にはいくつか種類がありますが、4本移動平均線EA<smlL>では指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average)を使用します。指数平滑移動平均線は、過去の価格よりも直近の価格を重視するので、価格の動きに対する感度が高くなります。5日指数平滑移動平均線を例にすると、5日の価格を2倍にして合計してから5で割ったものになります。

移動平均線は期間を設定することができますが、4本移動平均線EA<smlL>は、(i)短期(ii)中期(iii)長期(iv)超長期の4つの期間を使用します。具体的な期間については、取引通貨毎に異なるためここには記載しませんが、今後の記事でお伝えしていきたいと思います。

4本移動平均線EAの取引ロジック

4本移動平均線EAの取引ロジックはシンプルでありながら、優位性のあるポイントでのエントリーを的確に捉えた手法です。まずは5分足のチャートに4本の移動平均線のインディケーターをセットしてみましょう。

チャートに4本の移動平均線が表示されているのが確認できます。移動平均線の期間毎に線の色を変えています。黄色:短期移動平均線、青色:中期移動平均線、赤色:長期移動平均線、紫色:超長期移動平均線となっています。4本移動平均線EA<smlL>は指定した条件をクリアした時に、①短期移動平均線、②中期移動平均線、③長期移動平均線の3つのポイントでエントリーをします。

<エントリー判断ポイント1>

チャート図を見てお分かりの通り、移動平均線から価格が離れていくと各移動平均線の距離も遠ざかり、移動平均線の乖離幅が大きくなっています。この各移動平均線の乖離幅の大きさがエントリーの判断ポイントの1つ目になります。

<エントリー判断ポイント2>

エントリー判断ポイントの2つ目は移動平均線の並び順です。

価格が下落し始め、下降トレンドに向かうと、移動平均線期間の小さい順に価格の動きに反応し始め、上から、長期移動平均線、中期移動平均線、短期移動平均線と綺麗に並び始めます。EAがエントリーをするかしないかを判断するのは、移動平均線の乖離幅がある一定以上あり、かつ移動平均線の並び順が条件どおり揃った時に始めてエントリーします。

今回の記事では4本移動平均線EA<smlL>の簡単な概要についてお伝えしました。細かいロジックについて次回の記事でご説明していきたいと思います。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする