外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

エンベロープ逆張りEA(複数エンベロープレベルライン編1)

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

これまでの記事で、エンベロープ逆張りEA(daedalus-k)に使用するインディケーターやその意味、EAの動作、エントリー制御条件、利益・損益確定についてお話をしましたが、そのいずれも1つのエンベロープを適用した状態でしかご説明していませんでした。しかし、現在運用している本来のdaedalus-kは8つのエンベロープを使用しています。

daedalus-k(8本エンベロープ逆張りEA)

8つのエンベロープを使用した状況をお伝えするために、まずチャートに偏差の異なるエンベロープを8つセットします。移動平均線の距離から1番近いエンベロープ(偏差0.1%)をレベル1とします。移動平均線の距離から2番目に近いエンベロープ(偏差0.15%)をレベル2とし、それぞれレベル8までエンベロープをチャートにセットします。下記チャートはレベル1からレベル8までセットした図になります。

黄色の線は移動平均線、移動平均線から近い順に、青い線がエンベロープ(レベル1)、赤い線がエンベロープ(レベル2)、・・・クリーム色の線(レベル8)となります。

前回の記事まではエンベロープレベル1しかセットしていないため、レベル1でエントリー条件を満たした場合でしか取引しませんでした。エンベロープレベル1だけでも十分利益を出し続けることができます。

しかし、状況によっては移動平均線とレベル1ラインの幅が狭く見えてしまうほど価格が大きく動く時もあります。移動平均線からの乖離が大きくなればなるほど、一時的に強い戻し売り(買い)が起きる可能性は高くなります。そのような場合、適切な条件、ポイントで逆張りエントリーすることで、大きな利益を得ることができます。

下記チャートは、価格がエンベロープレベル5ラインに到達した時の図になります。

エンベロープレベル5がエントリーしているのが分かります。大陽線のローソク足は1分間で約25pips動いています。このような短期的に大きく値が動く時は、一時的に戻し売り(買い)が起きる可能性が高いです。daedalus-kは、この一時的な戻しを利益に変えていきます

レベルラインが増えるほどエントリーする機会も増え、利益を大きく伸ばすこともできます。しかし、エントリーする機会が多くなるほど、優位性のあるポイントのみでのエントリーを重要視しなければなりません。これまでエントリー制御条件について細かくお話してきたのはこのためです。

これまではエンベロープを1つ(レベル1)しか使用していませんでしたエンベロープを2つ以上に増やした場合は、優位性のない無駄なエントリーを省くため、さらに制御条件を付け加えていく必要があります。また、利益確定pipsや損切り確定pipsに関してもレベルラインにあった設定が必要になりますこのdaedalus-kのエントリー制御やその他設定に関して全てのロジックについては残念ながら公開はできませんが、私の開発、運用しているシステムの中でも強い味方となってくれるEAであることは確かです。

次回の記事ではレベルラインの本数を増やして取引した場合に損益曲線はどう変化していくかを見ていきたいと思います。

リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする