外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

エンベロープ逆張りEA(複数エンベロープレベルライン編3″USDJPY”)

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

前回の記事ではエンベロープを1つ使用した場合と、エンベロープを8つ使用した場合の損益の違いについて触れました。これまでの記事の中で過去検証をしたEAの通貨ペアは全てEURUSDとなっています。

私が主に取引している通貨は、EURUSDの他、USDJPY、EURJPY、GBPUSD、GBPJPY になります。

今回の記事ではUSDJPYを取り上げ、通貨の特徴と戦略をお伝えした上で、daedalus-kの過去5年間のバックテスト結果を見てみましょう。

USDJPY の特徴と戦略

日本人が取引する通貨の中で最も多いのがUSDJPY ではないでしょうか。日本人が一番身近に感じやすい通貨ともあり、FX初心者もまずはUSDJPY からという風潮もあるくらいです。

USDJPY の特徴ですが、値動きとしてはそこまで激しく上下する通貨ではありません。価格の変動(ボラティリティー)がそこまで高くはないため、初心者でも扱いやすい通貨と言われているのでしょう。エンベロープ偏差0.1%(1分足)を基準にUSDJPYの過去チャートを見てみると、1日にレベル1ラインに到達する回数が1~2回あるかないかです。

裁量トレードでUSDJPYのエンベロープ逆張りをしようとすると、チャートを監視している時間の方が圧倒的に長いため、場合によっては1日チャートを監視してたのにも関わらず、1度もエントリーチャンスがないなんてことも多々あります。

貴重な時間をチャート監視に費やして無駄にするよりも、もっと別の事をしていた方が有益です。そんな面でもEAは自動的にルール通り売買してくれるため、大変重宝します。

さて、USDJPYのボラティリティーは低いといっても、価格は何がきっかけで大きく動くかは分かりません。レベル1ラインだけよりも、8つのレベルラインを張って構えているほうが、利益を獲得するチャンスが増えます。

過去USDJPYをdaedalus-kで取引していて感じたことは、エントリーチャンスは少ないものの、設定したエンベロープで反発する確率が高いため、コツコツ堅実に稼げる通貨と言えるでしょう。通貨によっては変態的な動きをする(ポンド系)取り扱いが難しいものもありますが、USDJPYは基本的に規則的な動きをしてくれるため、扱いやすいです。

それでは過去5年間のバックテスト結果を以下に示します。

エントリー条件

  • 通貨:USDJPY
  • 時間足:1分足
  • ヒストリカルデータ提供元:デューカスコピー・ジャパン
  • エンベロープ:偏差(0.1~),期間(20)
  • スプレッド:10(1pips)
  • エンベロープ8つ
  • 期間:2013年11月01日~2018年11月20日
  • ストキャスティクス:20%以下で買い条件成立,80%以上で売り条件成立
  • 移動平均線:EAエントリー後、価格が移動平均線にタッチするまでは次のエントリーを見送る。価格が移動平均線にタッチしたら、エントリー可能な状態となる。
  • エンベロープラインを下から上に数pips突き抜け、そこからエンベロープラインを上から下に突き抜けた瞬間にエントリーする。(※売りエントリーの場合[買いエントリーは逆の条件])

プロフィットファクタ:2.81 ドローダウン:1.76% 取引回数:4133回

5年間で1,533,800円の利益となっています。

次回の記事では、GBPJPY、GBPUSDの特徴とdaedalus-kで取引した場合の損益曲線についてお話したいと思います。

外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle
リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする