外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

エンベロープ逆張りEA(応用編1″長期移動平均線”)

リンクユニット広告(上)




外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle

今回の記事からはエンベロープ逆張りEA(daedalus-k)の応用編になります。

まずはこれまでの記事でお伝えしてきたdaedalus-kのエンベロープのパラメータ設定について再確認します。

エンベロープパラメータ設定

期間:20

移動平均線の適用価格:Exponential

適用価格:Close

偏差:0.1%~(※レベル1~8)

応用編では上記条件の期間:20の値を100に変更します。

移動平均線とは

移動平均線とは一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせた線になります。これまでは移動平均線の値を20に設定していました。この20の意味は、ローソク足20本の終値の平均値になります。

移動平均線は、主に(1)短期移動平均線、(2)中期移動平均線、(3)長期移動平均線の3種類に分けることができます。一般的に(1)短期移動平均線:5 (2)中期移動平均線:25 (3)長期移動平均線:75 と言われています。この値は人によりけりなため、必ず短期移動平均線だから5ということではありません。

これまでの記事では移動平均線の値を20と設定していたので、移動平均線の種類は中期移動平均線に位置づけられます。

応用編ではこの移動平均線の値を100とするため、長期移動平均線を使用してEAを運用することになります。

長期移動平均線を利用したエンベロープ逆張りEA

まずは中期移動平均線20と長期移動平均線100では、チャートの見た目はどのような違いがあるのかを図で確認してみましょう。

<中期移動平均線(期間:20)>

<長期移動平均線(期間:100)>

上が中期移動平均線(期間:20)、下が長期移動平均線(期間:100)になります。

同じ時間帯、時間足でも上下で違いがあるのがお分かりになると思います。中期移動平均線は上下に動いていますが、長期移動平均線はなだらかに動いています。

長期移動平均線をもう少し観察してみましょう。

短期、中期移動平均線ともにエンベロープの偏差は0.1%です。中期移動平均線では価格がエンベロープにタッチしていませんが、長期移動平均線では赤丸で囲った部分で価格がエンベロープにタッチして反発しています。

エンベロープ逆張りEAは長期移動平均線にも応用することができます。中期移動平均線ではエントリーを見送るポイントを長期移動平均線が捉え、利益に変えてくれます。

次回の記事では、長期移動平均線(期間:100)の設定でバックテストを行い、損益がどうなるかを見ていきましょう。

外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8外為ファイネストタイアップキャンペーン エンベロープ逆張りEA daedalus-k-lev8 | GogoJungle
リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする