MT4バックテスト用ヒストリカルデータ(FXDD)の取得、設定方法

リンクユニット広告(上)




前回の記事ではEAの導入方法についてお伝えをしました。

EAを導入すれば自動売買をすぐに始めることはできますが、まずは使用するEAの動作確認、過去の相場でEAを運用したときにどの程度損益があるのかを調べるために、バックテスト(過去検証)を行う必要があります。
MT4でバックテストを行うためにはいくつか準備が必要になります。今回の記事ではバックテストするために必要なヒストリカルデータの入手、設定方法の流れについてご説明します。

基本設定

ヒストリカルデータを取得する前にMT4の基本設定を行います。
(1)「ツール(T)」→「オプション(O)」をクリックします。
(2)「チャート」タブをクリックし、「ヒストリー内の最大バー数」と「チャート内の最大バー数」の項目に入力できるだけ「9」を入力→「OK」をクリックします。
(3)「ヒストリー内の最大バー数」と「チャート内の最大バー数」が「2147483647」になっていることを確認します。(※99999・・・と入力することで、自動的に最大値(2147・・・)が設定されます)
これで基本設定は完了です。

ヒストリカルデータ(過去の値動が記録されているデータ)の入手、設定

バックテストを行うには、対象通貨の過去の値動きが記録されているデータを必要年数分手に入れる必要があります。本記事では、「EURUSD」を例にヒストリカルデータを入手します。
(1)海外fx業者「FXDD」から「EURUSD」のヒストリカルデータをダウンロードします。各通貨が一覧で並んでいるので、「EURUSD」を探してクリックします。
(2)ヒストリカルデータ(zipファイル)ダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了するまで待ちます。ダウンロード完了後、「EURUSD.zip」をクリックします。
「EURUSD.hst」ファイル(ヒストリカルデータ)がダウンロードフォルダに格納されます。
(※後にこのヒストリカルデータを使用するので、ここでは一旦デスクトップに移動します。)
(3)MT4の「ツール(T)」→「ヒストリーセンター(H)」をクリックします。
(4)ヒストリカルデータを設定する対象の通貨「EURUSD」を選択し、「1分足(M1)」をダブルクリックします。(※この部分はfx業者によって画面が微妙に違う場合があります。対象通貨の1分足を見つけてください)
(5)既存のヒストリカルデータが表示されるので、全てのデータを選択(※一番上のデータをクリックし青色に反転させ、一番下のデータを「Shiftキー」を押しながらクリックすると全て選択できます)→「削除(D)」をクリックします。
(6)既存のデータが全て削除されたら、「インポート(I)」をクリックします。
(7)「参照」をクリックし、(2)でダウンロードしたヒストリカルデータ「EURUSD.hst」を選択します。データがセットされたら、「OK」をクリックします。
(8)ヒストリーセンター「EURUSD」1分足のレコードが変化しているのが確認できます。
以上で「EURUSD」のヒストリカルデータの取得、設定は完了です。他の通貨も同様の手順で
設定することができます。
今回の記事では、「FXDD」のヒストリカルデータの取得方法をお伝えしました。
実は、さらに精度の良いヒストリカルデータをデューカスコピー・ジャパンというfx業者が提供しています。概要、取得方法については下記記事↓でご説明しておりますので、是非ご参照ください。
前回の記事では、バックテストに使用するヒストリカルデータの取得方法についてお話ししました。ヒストリカルデータの提供元は「FXDD」でしたが、...
リンクユニット広告(下)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする